ウォンビン、約3年ぶりに活動再開

ウォンビン、約3年ぶりに活動再開

2008年01月23日12時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  3年間の沈黙を破り、ウォンビンがいよいよ活動を再開する。

  ウォンビンの所属事務所のドリームイーストオンは23日「男性キャラクターのスーツブランドのジオジア(ZIOZIA)と1年間のモデル契約をした。今月末から同社各店舗などを通じウォンビンを見ることができる」と明らかにした。

  ウォンビンは軍に入隊する前の2001年から2005年まで5年間、同社のモデルとして活動した経験がある。

  撮影は最近ソウル江南(カンナム)のあるスタジオで行われた。人々の前に出るのは久しぶりだがウォンビンのカリスマとポーズは変わりなかったという後日談だ。これでウォンビンは徴兵前の最後の作品、2004年10月に公開された映画『マイ・ブラザー』以降、約3年ぶりに活動を再開した。2005年11月に前方部隊に入隊したが、慢性的なひざ十字じん帯損傷で手術を受け、2006年6月に除隊した。

  所属事務所のドリームイーストオンは「いくつか映画の出演要請を受け検討中だが、まだ決定していない。長い間休養をしていただけに復帰作選びに慎重だ。近い将来、ファンと出会えることを楽しみにしている」と伝えた。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事