人気集めた許京寧氏、没落か

人気集めた許京寧氏、没落か

2008年01月22日16時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  昨年、大統領選挙に出馬し風変わりな公約と発言で話題となった経済共和党・許京寧(ホ・ギョンヨン、58)氏が監獄行きの危機に陥った。ソウル南部地検は、21日「選挙法違反と名誉棄損の疑いで、許容疑者の逮捕状を請求した」と明らかにした。

  検察によると、許容疑者は、昨年10月に履歴を膨らませた広報紙を大量に配った疑い(選挙法違反)。また▽ブッシュ米大統領と記念撮影したように写真を合成し、選挙の広報に使った容疑▽朴槿恵(パク・クンヘ)前ハンナラ党代表との結婚説を流布した容疑(名誉棄損)ももたれている。

  南部地検・成永薫(ソン・ヨンフン)次長検事は「罪質が極めて悪く、証拠いん滅の恐れがあることから、逮捕状を請求する」と説明。許容疑者がブッシュ大統領と記念撮影したという写真を調べたところ、合成に判明したという。また、結婚説も事実無根であることが分かった。

  許容疑者は大統領選前に、週刊誌などのインタビューで「朴正煕(パク・ジョンヒ)元大統領が生存していた当時、朴氏との縁談があった」と話していた。朴氏側は昨年12月13日、許容疑者を偽りの事実を流布したことによる名誉棄損の疑いで南部地検に告訴した。

  縁談説を掲載した某誌代表・A容疑者は取り調べで「許容疑者から、朴氏との結婚説を報じてくれれば運営資金2億ウォン(約2400万円)を提供すると提案され、5回にかけて記事を載せた」と供述した模様だ。

  しかし、許容疑者はこの日、電話取材に対し「検察の標的捜査」とし、告訴された内容を全面否認した。許容疑者は「ブッシュ大統領との記念写真は合成ではなく、米国で写真師がくれたもの」と主張。許容疑者はこの日「02年1月18日、ブッシュ大統領の就任式に招待された証拠」とし、招待状を公開したりもした。

  また、許容疑者は「結婚説を掲載した週刊誌の代表はまったく知らない人」と釈明。許容疑者は「こうした具合の捜査は、韓国で最高の人気を博している私の人気をさらに高めるだけ」と語った。許容疑者は昨年の大統領選に経済共和党候補として出馬、群小候補の中では最多の票(0.4%、9万6756票)を得ている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事