韓国1人当たりの石油消費、世界第5位

韓国1人当たりの石油消費、世界第5位

2008年01月04日14時39分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の国民1人当たりの石油消費量は、世界第5位であることが分かった。「原油100ドル」の時代を迎え、米紙ウォールストリートジャーナル(WSJ)が3日(現地時間)、図表と共に報じたところによると、韓国の国民1人当たりの石油消費量は(06年ベース)16.18バレルで、サウジアラビア、米国、カナダ、オランダにつぐ第5位となった。

  世界最大の産油国サウジを除くと、アジアのトップであるというわけだ。サウジは32.88バレルで、米国(25.64)を抜いており、その次はカナダ24.83、オランダ22.54の順。また、台湾(16バレル)が第6位、日本(14.86)第7位、イラン(8.83)第13位、タイ(5.35)第16位、インドネシア(1.95)第19位、インド(0.87)第20位だった。

  最近石油の消費が急増している中国(1.98)は1.98バレルで第19位に。国や主要大陸別に見てみると、07年ベースで米国が1日2087万バレルを消費し、不動の石油消費トップを維持している。

  欧州は1615万7000バレルで、中国が756万6000バレル、中東656万9000バレル、南米549万6000バレル、日本501万バレルの順。国別の消費ランキングで韓国は、人口10億人のインド(276万バレル)に近いレベル(223万バレル)を見せ、第9位となった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事