日本、今年の漢字は“偽”

日本、今年の漢字は“偽”

2007年12月13日11時59分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本で今年を象徴する漢字として“偽”が選定された。

  毎年、年末に京都の清水寺で“今年の漢字”を発表する日本漢字能力検定協会は12日「今年は高い水準の食品安全分野を自負する日本で、食品偽装問題による波紋が絶えなかった」と「偽」を選定した理由を説明した。今年の漢字2位と3位には「食」と「嘘」が選ばれた。すべて食品偽装問題と関連する漢字だ。

  日本では今年300年伝統の菓子メーカーである赤福と秋田県の特産鶏肉加工会社の比内鶏、名門製菓企業である不二家、伝統料理の船場吉兆などが流通期限が過ぎた原料を使ったり、原料を欺いたりする手法で製品を作り、摘発された。最近になってからはマクドナルドの不正が明らかになっている。

  

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事