ミュージックビデオ盗作…歌手アイビー所属事務所に罰金刑

ミュージックビデオ盗作…歌手アイビー所属事務所に罰金刑

2007年12月08日13時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ソウル中央地裁は、歌手アイビーのミュージックビデオを制作する過程で日本ゲーム「ファイナルファンタジー7」を盗作した容疑(著作権法違反)で起訴された所属事務所ファントムエンターテイメントに対し、罰金1000万ウォン(約120万円)の支払いを命じたと7日、明らかにした。

  ソウル中央地裁はまた、ファントムエンターテイメント所属の音盤事業担当者とミュージックビデオ制作者に罰金600万ウォンを宣告した。

  ソウル中央地裁は「証拠上、被告人らが日本のオンラインコンピューターゲーム‘ファイナルファンタジー7’のストーリーと背景、登場人物の動作・服装などの内容の約80%をそのままミュージックビデオに移して再現したことから著作財産権を侵害したことが認められる」と明らかにした。

  ビデオ制作者は日本のスクエアエニックス社が著作権を持つオンラインコンピューターゲーム「ファイナルファンタジー7」から相当部分を盗作し、アイビーの2ndアルバムタイトル曲「誘惑のソナタ」ミュージックビデオを制作し、これを音盤事業担当者に提供した容疑で起訴され、音盤事業担当者とファントムエンターテイメントも起訴された。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事