大韓航空、国際線専用の格安航空会社「エアコリア」設立へ

大韓航空、国際線専用の格安航空会社「エアコリア」設立へ

2007年11月27日14時49分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  大韓航空は26日、来年5月の就航を目標に国際線専用格安航空会社を設立する、と明らかにした。

  大韓航空は最近の取締役会で、来月資本金200億ウォン(約23億円)を出資して「エアコリア」(仮称)という格安航空会社を設立することにした。 エアコリアは来年初め、建設交通部(建交部)に免許を申請した後、早ければ5月から運航する計画だ。

  大韓航空の金載建(キム・ジェゴン)格安航空会社TFチーム常務は「アジアの格安航空会社が国内市場に進出し、市場を広めている」とし「これに対応するため近距離国際線の格安航空路線に進出する」と述べた。

  大韓航空によると、セブ・パシフィック航空(フィリピン)、オリエント・タイ航空(タイ)、PMT航空(カンボジア)など15の外国格安航空会社が国内に就航し、全体航空需要の13%を占めているという。

  金常務は「安全度は大韓航空レベルを維持しながら料金を大幅に引き下げた格安航空会社が国内に誕生することになった」と語った。

  エアコリアの料金は大韓航空の75-80%になる見込み。航空機整備や運航訓練など安全と直結する部分は大韓航空に委託することで安全問題を解消する方針を固めた。 予約および発券をインターネットに限定するほか、機内サービスを最小化してコストを節減する計画だ。

  大韓航空は中型航空機A300(3機)とB737(2機)の計5機を投入し、必要な客室乗務員140人余を新規採用する。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事