盧大統領「私の話しぶり、教養ない」

盧大統領「私の話しぶり、教養ない」

2007年11月12日15時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は11日、自らの直説的な話しぶりについて‘教養がない’と自評した。

  盧武鉉大統領は11日放送された韓国政策放送(KTV)とのインタビューで、「(私に)準備できていない大統領だという人がたくさんいるが、別の点では承服しない」とし「しかし言語と態度で品位をどうやってつくっていくかという面では準備がやや不十分だったようだ」と述べた。 続いて「大統領になると思っていれば、前もって少し練習をしておいたが…教養がない」と自評した。

  盧大統領はまた「今回の大統領選では、私たちの未来社会をどう設計するかという論争がなければならないが、価値と戦略の論争が今の韓国社会からは消えてしまった」とし「今回の大統領選が私たちの歴史を発展させる進歩のきっかけとして作用することは期待できないようだ」と主張した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事