国内3社目の低料金航空会社「嶺南エア」誕生

国内3社目の低料金航空会社「嶺南エア」誕生

2007年11月05日17時15分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  建設交通部(建交部)は5日、釜山(プサン)地域を基盤とする「嶺南(ヨンナム)エア」に不定期航空運送事業の免許を付与した、と発表した。

  これを受け、嶺南エアは済州(チェジュ)航空、韓星(ハンソン)航空に次いで3番目の低料金航空会社となった。 嶺南エアの関係者は「来年2月、釜山-済州路線から就航する」とし「大邱(テグ)-済州、金浦(キンポ)-済州路線にも飛行機を飛ばす計画」と明らかにした。

  役職員120人の嶺南エアは先月23日、オランダのフォッカー社が製作した「Fokker-100」ジェット機1機を導入した。 年末と来年初めに同じ機種の2号機と3号機をさらに導入する計画だ。

  「Fokker-100」機種は109人乗りの中型ジェット機で、ロールスロイスエンジンを搭載している。 現在、世界で約300機が運航中。 嶺南エア側は「悪天候にも強いため、離着陸が難しい空港での運航に有利」と説明した。 国内では80人乗りに改造して運航するという。

  嶺南エアは国内路線の運航が安定した後、中国や日本など短距離国際路線にも就航する計画だ。今後さらなる低料金航空会社の誕生が予想されている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事