<サッカー>安貞桓、ファンの揶揄に怒り観客席突進…2軍試合で退場

<サッカー>安貞桓、ファンの揶揄に怒り観客席突進…2軍試合で退場

2007年09月11日14時28分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  安貞桓(アン・ジョンファン、31、水原三星)がKリーグ2軍リーグで、相手チームのサポーターの揶揄に激怒して観客席に飛び込み、退場処分となった。

  安貞桓は10日、ソウルワールドカップ(W杯)競技場補助球場で行われたFCソウルとの2軍戦に先発出場した。 安貞桓は前半6分、左足でシュートを放つなど積極的なプレーを見せた。

  しかし前半33分、ソウルのサポーターの揶揄を浴びた安貞桓はグラウンドを出て観客席に飛び込んだ。幸い、大きな争いはなく、安貞桓も周辺ファンの引き止めでグラウンドに戻ったが、レッドカードは免がれなかった。

  ソウルは前半31分にチェ・ヨンイル、後半21分にベ・ヘミンがゴールを決め、逆転勝ちした。

  ソウルワールドカップ(W杯)補助球場など各チームの2軍競技場はグラウンドと観客席との距離が短く、柵も設置されていないため、こうした事故が発生しやすい。 距離が近いだけに観客の揶揄もよく聞こえ、選手も興奮するケースが多い。

  水原(スウォン)側は「女子高生ファンが‘勝利手当2000万ウォン(約240万円)の選手が2軍でプレーしているのか’‘W杯スターが何をしているのか’と揶揄し、安貞桓が観客席に上がって軽く抗議した」と釈明した。

  プロサッカー連盟は11日に提出される監督官の報告書に基づき、賞罰委員会への回付を決定する予定という。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事