最新鋭潜水艦「鄭地」 蔚山で進水式

最新鋭潜水艦「鄭地」 蔚山で進水式

2007年06月13日17時44分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  海軍が13日午後3時、蔚山現代(ウルサン・ヒョンデ)重工業で214級(1800トン級)潜水艦「鄭地(チョンジ)」の進水式を行った。昨年6月に進水した「孫元一(ソン・ウォンイル)」に続く214級潜水艦だ。

  高麗時代に外敵を撃破した鄭地(1347-1391)将軍の名前にちなんで付けられた。 1800トン規模のこの潜水艦はAIP(大気独立型推進)機関を搭載し、水中作戦能力がさらに向上すると、海軍は期待している。

  韓国海軍の214級潜水艦は同時標的追跡、魚雷誘導能力、探知能力などを備えた世界最高水準のディーゼル潜水艦と評価されている。この日進水した「鄭地」は全長65.3メートル、幅6.3メートル、水中最大速力は20ノット(37キロ)で、40人余の乗務補助員が搭乗できる。

  「鄭地」は各種搭載装備の水中試験評価を経て、来年12月に海軍に引き渡される予定。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事