<フィギュア>キム・ヨナ、惜しくも3位…安藤美姫が金

<フィギュア>キム・ヨナ、惜しくも3位…安藤美姫が金

2007年03月24日23時39分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  「フィギュア妖精」こと金妍児(キム・ヨナ)が東京体育館で24日に行なわれたフィギュアスケートの世界選手権で3位になった。キム・ヨナは女子シングルのフリースケーティング(FS)で114.19点を取り、前日に行なわれたショートプログラムの点数(71.95)と合計186.14点を獲得。安藤美姫(195.09)と浅田真央(194.45)に続いての3位だ。

  21番目に白いドレス姿で出場したキム・ヨナは『あげひばり』という曲にあわせて、余裕のある演技を繰り広げた。注目のトリプルジャンプ(3回転ジャンプ)を完ぺきに披露し、数回続いたジャンプにも成功した。柔軟性とバランスが必要とされるスピンもミスなしに消化。しかし、半ばごろ2回転のところでミスが出た。やや慌てた表情を見せたキム・ヨナは美しいスピンで演技を終えた。

  残念な3位だったものの、キム・ヨナはフィギュアスケートの世界選手権でメダルを受賞した初の韓国人選手になった。安藤美姫は難易度の高いジャンプとスピンを消化し、今大会で優勝した。キム・ヨナと同じ年のライバル、浅田は2位。浅田はトリプルアクセルに成功したのに続き、バランスの取れたスピンとジャンプを完ぺきにこなした。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事