クォン・サンウ、キム・テチョン氏を訴えた経緯は…

クォン・サンウ、キム・テチョン氏を訴えた経緯は…

2007年02月07日09時08分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  暴力組職元ポム・ソバン派組長のキム・テチョン容疑者(59)がトップスタークォン・サンウさん(31)を脅迫した容疑(刑法上強要未遂)で検察によって起訴され、その詳細な経緯に関心が集まっている。

  検察は 「クォンさんがキム容疑者の携帯電話脅迫を録音した資料などを証拠として昨年5月に検察に出頭し、キム容疑者を告訴した」と明らかにしている。国内最大暴力組職の首領キム容疑者の脅迫を若い芸能人が暴露したことは極めて異例的だ。

  当時、クォンさんは今回逮捕された前マネージャーペク某容疑者らを告訴し、被害陳述でキム容疑者の脅迫事実について言及した。「それも捜査依頼するのか」という検事の質問に「はい」と答えたという。

  しかしこれに対してクォンさん側は6日「同意したのが直ちに告訴成立するとは知らなかった」と話した。

  クォンさんの事情に詳しいある側近は「クォンさんが、問題が大きくなった現状況に相当負担を感じている。クォンさんの目的は前所属事務所との精算だったが、この過程で検察が捜査の中心を「キム・テチョン容疑者脅迫」に移したことで驚いている」と話した。

  クォンさんの現マネージャー金某氏は、この日、本紙との電話で「今回の事態は完全に終わっておらず、特別に言及することもない」と言った。ただキム容疑者について「クォンさんはキム容疑者を検察に告訴したことも、脅迫されたこともない。すべては検察の独自の捜査だ」とし「キム容疑者との問題は両者間で円満に解決されている」としている。

  現在、クォンさんはB衣類のCM撮影のため、アメリカに滞在し、帰国の日にちは決まっていない。

  これについてある芸能関係者は「プライベートが完全に露出した芸能人が、口頭でも書面でもキム容疑者のような組織暴力団を告訴するということは容易でないこと」とし「結局、クォンさんが言葉を変えたのもキム容疑者側の仕返しが怖いからではないか」と話している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事