<Joins風向計>「黄禹錫氏にもう一度研究機会を」76.8%

<Joins風向計>「黄禹錫氏にもう一度研究機会を」76.8%

2007年01月28日16時30分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  黄禹錫(ファン・ウソック)元ソウル大教授にもう一度研究機会を与えるべきだ、と考えている国民が多いことが調査で分かった。

  黄氏は1年前の論文ねつ造問題を受け、現在はヒト胚性幹細胞(ES細胞)研究者ではなく、クローン動物研究などに専念している。

  ジョインス風向計が24日、国民を対象にアンケート調査を行った結果、「黄氏にもう一度ES細胞研究の機会を与えるべき」という回答は全体の76.8%にのぼった。これは「与えるべきでない」という回答(14.4%)に比べてはるかに多い。

  「与えるべき」という回答は19-29歳(83.2%)、大学在学以上(82.1%)、月所得350万ウォン以上(83.8%)、ウリ党支持者(86.9%)に多かった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事