フィギュアの妖精キム・ヨンアの新コーチに「Mr.トリプルアクセル」

フィギュアの妖精キム・ヨンアの新コーチに「Mr.トリプルアクセル」

2007年01月10日11時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「フィギュアの妖精」キム・ヨンア(17、軍浦スリ高)が新しいコーチとともに世界首脳を狙う。

  昨年キム・ヨンアがカナダで転地訓練をする際、3カ月間振付を指導したブライアン・オーサー氏(45、カナダ)だ。彼は国際氷上連盟(ISU)グランプリファイナルでキム・ヨンアがフリースケートで選択した「あげひばり(The Lark Ascending)」の振付をした。

  1984年、サラエボ冬季五輪と88年のカルガリー五輪男子フィギュアシングルでそれぞれ銀メダル、87年世界選手権大会では金メダルを首にかけたスターだった。

  特に彼はキム・ヨンアが世界のトップに上がるために必ず身につけなければならない「トリプルアクセル」の大家として、現役時代「ミスタートリプルアクセル」というニックネームがついた。

  キム・ヨンアがオーサー・コーチを選択することになったのは氷上連盟の支援による。氷上連盟は昨年に続き今年も7000万ウォンをトレーニング費として支給する予定だ。

  一方、最近5カ月間、キム・ヨンアを指導したパク・プンソンコーチ(30)は「国民の愛と関心を一身に受けているヨンアとずっと一緒にできずに名残惜しいが、もっと成長するためには立派なコーチに学ぶのが当然だ」とし「人にはない能力を持っているだけに、必ず立派に成長してほしい」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事