娘サラ・チャンはこうして育てた…父親の教育法が本に

娘サラ・チャンはこうして育てた…父親の教育法が本に

2006年12月19日15時12分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  バイオリニストサラ・チャン(チャン・ヨンジュ、26)さんの父親、チャン・ミンス(50、テンプル大学教授)さんが娘を世界的な演奏者に育て上げ、そのエピソードを本として出版した。

  米国フィラデルフィアで生まれるやいなやペンシルバニア大学の託児所過ごさなければならなかった幼いサラ・チャンが、地球村最高級演奏者に成長した過程を綴った。

  客席でそわそわしながら娘の演奏の姿を見守ってきたお父さんの舞台後日談も書かれている。「バイオリニストサラ・チャンの美しい疾走」として公開した父親チャン・ミンスさんと母のイ・ミョンジュンさん(49)夫婦の子供の教育秘話を紹介する。

  ①「だめだ」という言葉は言うな

  子供の意見を最大限尊重せよ。創意力と自立心を育てよ。

  ヨンジュは幼いころティッシュペーパーを箱からぐいぐい抜き出しながら遊んだ。それでもヨンジュの母は箱を取り上げなかった。2箱遊んだらもうそれで遊ぶことはなかった。

  ② 音楽教育は頭脳開発に役に立つ

  ヨンジュに初めてバイオリンを教えたのは音楽を通じて推理力、思考力、言語能力をあまねく育ててるためだ。最初から音楽家に育てるつもりはなかった。

  ③ 早教育は必須だ

  遅れて音楽的才能を見つけても、人の何倍もの努力をしなければならない。テニス選手ヒンギスも2歳のときにラケットを握り始め、4歳のとき大会に出場した。ヨンジュは満4歳の誕生日プレゼントに16分の1サイズのバイオリンを買ってもらった。

  ④ 音楽を学ぶ子だと特別待偶はするな

  日常の大切さが分かる平凡な子供に育てよ。

  ヨンジュにベッド整理はもちろん、部屋の掃除とトイレ掃除もさせた。

  ⑤ 最小の演習で最大の効果を

  一日3時間なら十分だ。機械的な練習を強要するな。練習量を増やすより短い時間、集中する方が重要だ。

  ⑥ 不必要な競争心を刺激するな

  誰々が何のコンクールで優勝し、誰々はどのオーケストラと協演したが、お前は何をしたのかというやり方で子供を叱るな。

  ⑦ 体力を培え

  ヨンジュはスポーツ万能だ。体操、自転車、ローラースケート、水上スキーなどやったことのないスポーツはない。タイトな演奏日程を消化するためには体力がなければならない。

  ⑧ コンクール入賞結果にこだわるな

  ヨンジュは一度もコンクールに出場したことがない。

  コンクールよりオーディションの方が重要だ。コンクールは多様なレパートリーを消化して舞台恐怖症を乗り越える機会であるだけだ。

  ⑨ 遠大な目標を立てよ

  ヨンジュは15歳になる前に全世界の有名なオーケストラと協演するという目標を立てた。もちろん目標達成はそれより早かった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事