竜山米軍基地平沢移転2008→2012年に延期か

竜山米軍基地平沢移転2008→2012年に延期か

2006年12月14日10時27分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  一部の市民団体の集団デモや財源分担をめぐる韓米間の異見により竜山(ヨンサン)基地移転が当初の目標年度の2008年より4年程度延期される見通しだ。

  政府高位当局者は13日「平沢米軍基地拡張に反対する市民団体のデモで敷地確保が遅れ、財源分担をめぐる韓米間異見により『在韓米軍基地施設総合計画(マスタープラン、MP)』の確定が延期となった」と明らかにした。また「工事日程への影響は避けられず、在韓米軍基地の平沢(ピョンテク)移転事業は2012~2013年ごろ完了するものとみられる」としている。竜山基地は2012年ごろ平沢に移転するということだ。合わせて「在韓米軍が作成して韓国国防部に報告した『在韓米軍基地施設総合計画』をもとに韓米が協議をしている」とし「今年の年末または来年初めまでに、在韓米軍基地移転に対し韓米が合意した最終MPを定めて発表する計画」とも明らかにした。

  財源分担については「在韓米軍基地移転費用9兆5000億ウォン中4兆9000億ウォンは米国が負担し、韓国は4兆6000億ウォンを出すというのが政府の立場」としながら「しかし米側は韓国が5兆5000億ウォン以上を負担しなければならないと主張しており、9000億ウォンの相違からMP確定が難航している」と伝えた。韓米両国は米2師団とその部隊などの移転費用は米国が、竜山基地移転費用などは韓国が負担することで合意している。

  在韓米軍対策企画団関係者は「財源分担が決まれば自然に最終MPが確定され、米軍基地移転事業が勢いに乗るだろう」とし「竜山基地は2012年ごろ平沢に移転でき、米2師団と在韓米軍残軍隊移転は2012~2013年に完了する見通し」と説明した。

  米軍基地移転事業が延期されることについて在韓米軍側は不満を示したことが明らかになった。2004年10月、韓米両国が締結した「竜山基地移転包括協定(UA)」には「竜山基地は 2008年までに移転し、米2師団はその後適切な時期に移転する」と明示されている。在韓米軍側は2009~2010年までは工事が完了することを期待しているということだ。

  戦時作戦統制権(戦作権)転換日程にも影響を及ぼしそうだ。国防部関係者は「米国は現在、韓米連合司令官が行使する戦作権を2009年に韓国軍合同参謀議長に渡すという立場だ」とし「しかし戦作権の転換時期は竜山基地移転と近い2012年に行われるものとみられる」と話している。

  竜山民族公園組成事業と平沢地域開発事業なども調整が避けられなくなった。また在韓米軍平沢基地は平沢市ペンソン邑一帯349万坪に造成される予定だが、韓米連合司令部が解体されて設立される韓米軍事協調本部(MCC)施設などのため4万余坪が追加される予定であることから市民団体たちの反発も予想される。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事