「北核危機高まれば韓日資本は中国に移転」

「北核危機高まれば韓日資本は中国に移転」

2006年10月22日17時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  中国のマスコミは22日、北朝鮮の核危機が高まるほど韓国と日本の資本は中国に移転し、中国の資本市場にはむしろプラスになるだろうとの見方を示した。

  中国社会科学院・経済研究所の詹小洪研究員は、北朝鮮の核危機について「北東アジアの各国の資本市場に影響を与えている」とし「北朝鮮が2回目の核実験に踏み切る場合『核の恐慌』が北東アジアに広がり、資本市場に予測しがたい衝撃を与えるだろう」という見解を示した。とりわけ、韓国と日本の「核恐慌」は将来、韓日資本の中国への流入を加速化させるだろうと見込んだ。

  同研究員は、北朝鮮が最初の核実験を行なった今月9日、中国の株式市場が01年以降最高値となったことを指摘し、当時中国と香港の証券市場に上場された中国銀行などの株式も大幅に上昇していたと伝えた。これは、北朝鮮の核実験が、韓国・日本の投資金を中国に移転させる可能性が大きいとの点を示すもので、2回目の核実験ではその可能性がさらに大きくなり、軍事衝突が起きれば可能性が現実化するだろうとのこと。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事