李美敬CJグループ副会長「世界女性賞」受賞、アジア初めて

李美敬CJグループ副会長「世界女性賞」受賞、アジア初めて

2006年10月12日14時43分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  李美敬(イ・ミギョン)CJグループ副会長が06年の「世界女性賞(Women’s World Awards 2006)」経営部門の受賞者に選ばれた。

  オーストリア・ウィーンに本部を置く世界女性賞委員会は、11日「革新的なアイデアと独特の市場戦略でCJエンターテイメントをグローバルブランドに発展させ、企業家精神を発揮しインターネット・ケーブルテレビなどにも事業の領域をひろめた」と選定の理由を伝えた。委員会は「がんの研究や在米韓国人社会の文化増進に寄与するなど人道主義活動を繰り広げてきた点も認められた」と付け加えた。

  李副会長は現在、CJグループのメディア・エンターテイメント・グローバル事業の部門を主導しており、アジアの人が同賞を受けるのは初めて。歴代の受賞者にはトーク番組『オプラ・ウィンフリー・ショー』で有名なオプラ・ウィンフリー、両腕のない障害を克服し世界的画家兼写真作家になったアリソン・ラッパー、女優カトリーヌ・ドヌーブなどがいる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事