小泉首相「韓、中首脳会談拒否、後悔するだろう」

小泉首相「韓、中首脳会談拒否、後悔するだろう」

2006年09月12日06時49分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  小泉純一郎日本首相は11日、韓国と中国が日本との首脳会談を拒否したと非難、彼らはいつかこれを後悔すると主張した。

  小泉首相はこの日アジア・太平洋首脳会談(ASEM)を終えた後の記者会見で「ただ1つの問題に対する考え方が違うという理由で首脳会談を拒否したのは、中国と韓国」とし「彼らは将来根本的な誤りを犯したことに対し、後悔するだろう」と述べた。

  小泉首相は日本と韓中間の関係悪化が北核問題などの解決を阻害したかと問う質問には「我々は韓中と良い関係を維持して来たし北朝鮮問題にともに対処してきた」と答えた。

  また自分の靖国神社参拝を間接的に指して「日本とこれら両国間の関係は経済のみならず文化、スポーツ分野で深くなって来たが、ただ1つの問題に対する異見から首脳会談を開くことができない」と指摘した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事