盧大統領「騒がしかったという記憶だけ」

盧大統領「騒がしかったという記憶だけ」

2006年08月30日11時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は29日、漢南洞(ハンナムドン)国会議長公館で林采正(イム・チェジョン)議長が主催した憲法機関長夫妻らの招請夕食会に参加した。

  大統領は「8月25日で(就任後)3年半になったが、私の記憶には大変だった、世の中が騒がしかったという記憶しか残っていない」とし「それでも大変だが、やりがいがある」と話した。

  夕食会には李容勲(イ・ヨンフン)最高裁判長、韓明淑(ハン・ミョンスク)国務総理、尹永哲(ユン・ヨンチョル)憲法裁判所長、孫智烈(ソン・ジヨル)中央選挙管理委員長夫妻が出席した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事