金副総理が辞意表明

金副総理が辞意表明

2006年08月02日14時06分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  金秉準(キム・ビョンジュン)副総理(教育人的資源部長官を兼任)が就任から13日目の2日、辞意を表明した。

  金副総理はこの日、厳尚鉉(オム・サンヒョン)企画広報管理官を通じ「国会教育委員会の会議でこれまでの疑惑の大半が解消された」とし、大統領の国政運営や与党・青瓦台(チョンワデ・大統領府)などに負担をかけたくない」として辞意を示した。

  先月21日に就任した金副総理は、教え子の論文を引用したとされる疑惑や、過去に提出した論文と類似な論文を提出することで研究費を二重に得ていた問題のため、野党などから辞任を求められていた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事