映画「グエムル」に海外市場からラブコール殺到

映画「グエムル」に海外市場からラブコール殺到

2006年07月27日16時07分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  映画「グエムル」(監督ポン・ジュンホ、製作チョンオラム)が世界へ行く。 海外映画祭からの招待が相次いでおり、アジア・ヨーロッパ・北中米など世界各国で公開日が確定した。

  製作社によると、「グエムル」はすでに発表された第39回シチェス国際映画祭(スペイン)と第31回トロント国際映画祭(カナダ)に続き、第60回エディンバラ映画祭(英国、8月14-27日)、香港国際映画祭ショーケース(8月10、12日)、バンクーバー映画祭(カナダ9月19日-10月13日)からも招待を受けた。 香港映画祭を除いてすべてコンペティション部門に出品される。

  これを受け、ポン・ジュンホ監督は31日から3泊4日の日程で日本でプロモーションを行った後、これら映画祭をすべて訪問する計画だ。

  一方、「グエムル」が輸出された各国の公開日が続々と確定している。 香港が8月24日、日本と台湾が9月2日、タイとシンガポールが9月7日、フランスが11月22日で、米国・英国・メキシコ・オーストラリアは年末に上映される計画。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事