『韓半島』興行成功?、公開後に10日間で246万人

『韓半島』興行成功?、公開後に10日間で246万人

2006年07月23日17時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  

  康祐碩(カン・ウソック)監督の映画『韓半島』が22日まで全国で246万人を動員し、興行の兆しを見せている。映画の広報会社関係者によると「2週間目の週末を迎えた『韓半島』が公開から10日後の時点にソウルで67万9350人、全国で246万4445人を、それぞれ決めている」と伝えた。

  続いて「公開から2週間目なのに早いうちに完売している」とし「第2週の週末に270万人以上の観客を動員し、第3週に入る週明けには300万人も無難に突破できるだろう」と見込んだ。『韓半島』は日本の「韓半島侵攻」の意図を描いた映画で、素材のパワーや話題性で10代~20代初めの観客にアピールし、40代以上観客にも受けていることから、韓国映画として初めて1000万人を動員した『シルミ島(実尾島)』の記録を更新できるかが注目されている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事