<野球>李承燁、日本語の実力は?…チームメートと冗談も

<野球>李承燁、日本語の実力は?…チームメートと冗談も

2006年07月21日16時50分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  李承燁(イ・スンヨップ、30、読売)の日本語の実力はどの程度か。

  李承燁は日本選手とほとんど言語障害なく生活している。 野球をし、いたずらをし、冗談を言い合う時も不便を感じていない。 李承燁が読売での半年間でほとんどのチームメートと友達になった理由だ。

  まず基本的なコミュニケーションでは全く問題がない。 日本語で日本の記者とインタビューをするほどだ。 日本の記者は「李承燁は日本語がほとんど分かる。 話す時は少し難しそうだが、これだけできれば立派な実力」と語った。

  通訳のチョン・チャンヨン氏も「私を必要とせずに、よく聞き取ってよく話す」と言いながら笑った。 大学時代まで野球をしスポーツトレーニングを専攻したチョン氏は、通訳よりも李承燁のストレッチを助けるなど練習パートナーとしての役割に比重を置いている。 公式的な席や注意が必要な時に誤解がないよう手助けする程度だ。

  これに対し、李承燁は「チームメートと何とか交流できる程度にすぎない。日本語が上手ければ、野球をせずに勉強だけをしていたということではないか」と照れくさそうに笑った。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事