SHINHWAキム・ドンワン、ステージから落ちて肩脱臼

SHINHWAキム・ドンワン、ステージから落ちて肩脱臼

2006年07月16日18時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  

SHINHWAのキム・ドンワン(27)が釜山(プサン)でのコンサート中、ステージから落ちて右肩を脱臼した。

  キム・ドンワンは15日午後7時、釜山ベクスコ展示館で開かれた「SHINHWA2006ツアー-ステート・オブ・ジ・アーツ・イン釜山」コンサート中、1人で無限軌道の『君に』を歌っていたところ足を踏みはずしてステージ下に落ちた。

  キム・ドンワンがステージ下に落ちた後、ファンが集まる騒ぎになり、キム・ドンワンはマネージャーと警護員に支えられ隣近の病院に移動。応急処置を受けた後、再び公演会場に戻った。

  キム・ドンワンが抜けた部分の歌はチョンジンが代わって歌い、キム・ドンワンは1時間後、ステージにまた上がった。キム・ドンワンは残りのステージはすべて消化した。

  2時間4分間のSHINHWAの釜山公演はソウル、中国上海などアジアツアーの一環で、8月にはタイで行われる。

  

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事