BoA、台湾映画からヒロインのオファー

BoA、台湾映画からヒロインのオファー

2006年07月03日13時45分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  歌手BoAが、台湾映画『Dunk』のヒロイン役を提案された。

  BoAの所属事務所・SMエンターテイメントは3日「台湾の映画制作会社がBoAをヒロインにする映画を作りたい、と提案した」と伝えた。同映画は、日本の人気漫画『スラムダンク』を原作とする作品。台湾の人気スター・周杰倫がW主演し、NBA(全米バスケットボール協会)で活躍している中国人ヤオ・ミン(姚明)がカメオ出演するものとされる。

  SMエンターテイメントはしかし、今のところ、提案を検討中であり、答弁をしていない、と説明した。

  SMエンターテイメント関係者は「今回だけでなく、海外と韓国内から映画出演の交渉が何度かあった」とし「映画のキャラクターがBoAのイメージに似合うなら、前向きに検討できる」と語った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事