【噴水台】帰郷

【噴水台】帰郷

2006年06月13日17時06分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  帰郷(キヒャン)はもともと帰郷(キヤン)と同じ言葉だ。 そのまま「故郷の前に」なら帰郷、これに島流しや懲罰が加われば‘帰郷(キヤン)’だが、昔は区分なく混同して使われていた。『唐書』には、官員を‘帰郷’させる場所として海南が有名だったという記録がみられる。 宋の盗賊の話である水滸伝にも、108人の豪傑の一人である武松が海南で「帰郷生活」をする部分がある。

  帰郷にも等級と段がある。 「狡猾な帰郷」の筆頭は宋の宰相の蔡京。 当時の4大奸臣の一人であった蔡京は党派争いを巧みに利用した。 状況が不利になれば官位を捨てて帰郷したが、有利になるとまた復帰した。 これを4度も繰り返しながら、死ぬときまで富貴栄華を享受した。 悪臣の代名詞として知られ、宋の時代を背景にした小説によく登場する。 「西門慶がわいろを捧げる奸臣」(金瓶梅)や「陰謀で宋江を毒殺する悪徳丞相」(水滸伝)はすべて蔡京だ。 生きているときは栄達を享受したが、死んでからは千年の歳月、後ろ指を差されている。

  「節義を重んじた帰郷」の白眉は東晋の陶淵明だ。 「どうして五斗米のために腰を折るのか」と言いながら官位を捨てた。 生活は貧しかったが、心は豊かだったという陶淵明の帰去来辞は今でも万人の亀鑑だ。

  范増の帰郷ほど哀れなものはない。 范増は項羽に天下一にしたが、項羽の器は天下を掌握するに不足していた。 漢王の計略にはまり自身を殺そうとする主君の項羽に、范増は「骨だけでも郷土に埋められるようにしてほしい」(史記張丞相列伝)と求める。 乞骸骨-。「体と心は主君に捧げたが、骨だけでも返してほしいと請う」という故事はここから出てきた。 乞骸骨はその後、高官大爵「辞退声明書」の馴染みのメニューになった。

  「恨が深い帰郷」で朝鮮時代の還郷女(ファンヒャンニョ)ほどのものはない。 罪もなく清に捕らわれて貞節を失い、帰ってきた良家閨秀らは家門からも捨てられた。 還郷女に由来する「ファニャンニョ」が‘淫らな女性’を意味するようになり、恨はさらに深まった。

  ‘美しい帰郷’として記憶に新しいのはハインズ・ワードだ。 ワードはこの地の混血人のために「やるべきことをする」と言った2度目の訪韓約束を守った。

  盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が最近、退任後に帰郷すると明らかにした。 歴代大統領では初めてだ。 引退後にも勢力を作らず、生態系復元に情熱を注いで暮らすという意も示唆した。 一角では高次元の‘政治的帰郷’だと言われているが、約束が守られれば、それこそ‘美しい帰郷’になるはずだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事