金総書記の赤化路線に従う正義具現司祭団は解体せよ

金総書記の赤化路線に従う正義具現司祭団は解体せよ

2006年05月29日13時27分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  一般信者カトリック教神聖回復運動本部(代表:ヤン・ヨンテ)は27日、カトリック教神父の集い・正義具現全国司祭団を「北朝鮮労働党の手先」に定義付け「北朝鮮・金正日(キム・ジョンイル)総書記の赤化革命路線によって暴力・破壊・殺傷を繰り返した」とし司祭団の解体を求める声明を採択した。

  声明は「金総書記にそそのかされ、国家保安法の廃止と米軍撤退に血眼になった正義具現全国司祭団が、大韓民国のアイデンティティーと正統性を破壊する行為を、これ以上放置できず、一般信者が取り組む方針を決めた」としている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事