キャンベル氏「韓米関係は離婚直前の王と王妃」

キャンベル氏「韓米関係は離婚直前の王と王妃」

2006年02月28日16時41分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「韓国と米国は離婚直前の王と王妃のような関係」。米国防次官補代理だったキャンベル戦略国際問題研究所(CSIS)国際安保プログラム局長が27日、韓米同盟に関連、苦言を呈した。キャンベル局長は、米ワシントンで韓米経済研究所(KEI)が開催した「参加政府(現政権のこと)3周年記念の国際学術会議」で「最近の韓米関係は正直なところ懸念される」としこのように述べた。

  キャンベル氏は最近の韓米関係を「結婚生活に飽きた王と王妃」にたとえた。同氏は「2人は実際には別々に暮らし、王宮のバルコニーでのみ群衆に向かって仲良い振りをして手を振り、命脈を保っているのと似たような状況」とした。また「王と王妃はバルコニーでの行事が終われば、それぞれ自分の生活に戻る」とし「韓国と米国は離婚(同盟破棄)があまりにも苦しいため、それによる大きな波紋を願っていない」と表現した。

  続いて「韓国と米国は、韓米同盟の問題点を語るうえで、もう少し正直になる必要がある」とし「とりわけ両国は、北朝鮮の脅威をめぐって、正反対な評価を下したりもした」とした。だが、同氏は「米国が対日関係に偏りすぎ、韓国との同盟が揺れている」とし、米国の態度にも問題があると付け加えた。

  しかしこの日、セミナーに出席した韓国の李泰植(イ・テシク)駐米大使は「3年前に参加政府がスタートする当時、韓米間に様々な懸案があったが、現在は同盟関係が安全な軌道に乗った」とし「いかなる挑戦があっても、それを乗りこえ、固いパートナーシップを保っていくだろう」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事