日本、国際熱核融合実験炉20%を韓国に発注

日本、国際熱核融合実験炉20%を韓国に発注

2006年02月27日16時23分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本政府は国際熱核融合実験炉(ITER)建設時、自国企業に発注する予定だった物品のうち110億円相当の物量を韓国企業に発注することにしたと毎日新聞が27日、報道した。この金額は日本企業に発注しようとしていた物量の20%にあたる。

  ITER建設プロジェクトは核融合反応を通じたエネルギー生成可能性を立証するための事業だ。この事業に参加する韓国と米国、EU、ロシア、中国、日本、インドは計50億ドルを投入し、今年、実験炉建設に着工することになる。

  毎日新聞は「日本はEUに建設敷地を譲る代わりに発注拡大など優待措置を受けたが、日本の誘致を支持してきた韓国が反発すると、日本で見本となる部品を作り、それをもとに韓国企業に同じ部品を大量発注する計画を立てた」と伝えた。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事