「ウェブショッピングでのブラジャー購入、女性より男性が多い」

「ウェブショッピングでのブラジャー購入、女性より男性が多い」

2006年02月17日16時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  男性が最も気恥ずかしく感じる時の一つが下着の購入だ。 男性が店員にあれこれと尋ねるのは容易でない。 妻や恋人に下着をプレゼントしたい時があるが、人が多い場所で女性の下着を手に取りづらく、あきらめてしまうケースも少なくない。 こうした理由のためか、インターネットショッピングモールで男性の下着購買比率が女性より高いことが明らかになった。

  インターネットショッピングモール「オークション」(www.auction.co.kr)が昨年、下着販売現況を調査した結果によると、男性が82万2768人と、下着購買顧客全体の62%を占めた。 購買金額も男性の方が女性より1.6倍高かった。 年齢別では30歳代の男性が最も多く、下着購買男性全体の半分を占めた。

  オークションの裵東喆(ベ・ドンチョル)取締役は「インターネットを通したファッション・衣類購買は女性が多いという一般的な認識を覆す調査結果」とし、「女性に比べると下着のサイズやデザインに敏感でない男性が、周囲の視線を気にせずにプレゼント用の女性の下着を選べるというインターネットモールの特性が反映されたと思われる」と語った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事