<黄禹錫教授の真実は…>盧大統領「もう少し見守ろう」

<黄禹錫教授の真実は…>盧大統領「もう少し見守ろう」

2005年12月16日09時12分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  青瓦台(チョンワデ、大統領府)は15日、黄禹錫(ファン・ウソック)教授チームの幹細胞に関する報道が続くとその衝撃の中を事実確認に出た。

  フィリピンを国賓訪問中の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領はこの日午後7時(日本時間午後8時)ほど参謀陣から関連報道内容を報告されたということだ。

  金晩洙(キム・マンス)青瓦台スポークスマンは記者たちに「マスコミ報道を中心に、大統領に報告した」とし「大統領からは特別な言及はなく『もう少し見守ろう』と述べられた」と明らかにした。

  盧大統領を随行中の青瓦台参謀たちも戸惑いを隠せない様子だったが「まずは正確な事実を把握しなければならないではないか」と多くは話さなかった。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事