ブッシュ大統領「金正日総書記に会う用意がある」

ブッシュ大統領「金正日総書記に会う用意がある」

2005年11月23日09時06分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  19日、中国を訪問した米国のブッシュ大統領は20日、中国の胡錦涛国家主席との首脳会談で「北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)委員長に会う用意がある」と言ったことが22日、伝えられた。

  ブッシュ大統領は首脳会談で胡主席から先月の訪朝結果と金委員長との会談内容について説明した後、こう話したと北京のある消息筋が伝えた。ブッシュ大統領が金委員長と面談する意思を言及したのは初めてのことだ。

  しかしブッシュ大統領が自発的に金委員長に会う意思を表明したか、中国の勧誘によって儀礼的な反応を見せたのかは明らかではないが、ブッシュ大統領のこの発言は、平壌の駐中国大使館を通じて北朝鮮権力層に伝えられた。

  ブッシュ大統領と胡主席は20日、首脳会談で北核問題解決のための6カ国協議の推進継続と、韓半島核問題を平和的に解決するということで合意している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事