北の戦闘機2機、一時韓国側侵入

北の戦闘機2機、一時韓国側侵入

2005年11月11日18時30分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮軍の戦闘機2機が11日午後、西海(ソヘ、黄海)上の軍事境界線に当たる北方限界線(NLL)を越えて、韓国側に侵入した。

  合同参謀は、侵犯した戦闘機はミグ19と見ている。戦闘機2機は同午後1時11分、韓国防空識別区域(KADIZ)の西方境界線を侵犯した後、2分後に白リョン島(ぺクリョンド)西方59キロの上空のNLLを経由し北上した。これら戦闘機は、北朝鮮の黄海北道黄州(ファンへブクド・ファンジュ)基地を離陸している。

  空軍は万が一の事態に備えて、上空で哨戒飛行中だったF-5、KF-16の戦闘機6機を現場に緊急発進させた。空軍戦闘機が警告したところ、北朝鮮側は応答しなかったものの、同国側空域へ引き返した。北朝鮮の戦闘機が韓国軍の作戦区域を侵犯したのは03年2月以降初めて。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事