金弘一議員に執行猶予3年、議員資格失う危機へ

金弘一議員に執行猶予3年、議員資格失う危機へ

2005年10月25日18時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ソウル中央地裁・刑事控訴第1部は25日、元ナラ総合金融社長・安相泰(アン・サンテ)氏から人事の依頼とともに1億5000万ウォン(約1500万円)を授受した疑い(特定経済犯罪加重処罰法上のあっ旋収賄)で在宅起訴された金大中(キム・デジュン)前大統領長男の金弘一(キム・ホンイル、57)新千年民主党議員に、第1審と同じく懲役2年・執行猶予3年・追徴金1億5000万ウォンを言い渡した。

  現行法上、一般刑事事件で禁固以上の刑が確定された国会議員は、議員資格を失う。したがって、金議員は今回の刑が最高裁で確定する場合、議員資格を失うようになる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事