悪性詐欺サイト数、韓国は世界3位

悪性詐欺サイト数、韓国は世界3位

2005年09月14日17時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国で運営されるフィッシングサイトの数が世界で3番目に多いことが分かった。

  フィッシング(Phishing)サイトとは、金融機関のウェブサイトやメールに見せかけて個人情報などを盗み出し、これを不法に利用する悪性サイトをいう。

  全世界のフィッシング活動を監視するオーストラリアの「フィッシング退治実務グループ(Anti Phishing Working Group)」が最近発表した報告書によると、韓国は米国、中国に次いで世界で3番目に多いという。

  この報告書によると、6月までに申告されたフィッシングサイトは計1万5000件余で、うち35.5%が米国で運営されており、中国は11.2%、韓国は10.1%だった。

  このほか、フランス(5.6%)、ドイツ(3.2%)、カナダ(2.8%)、日本(2.4%)、イタリア(1.76%)、ルーマニア(1.72%)、オランダ(1.65%)などが後に続いた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事