クラビティ会長「500億ウォンのゲームファンド設立」

クラビティ会長「500億ウォンのゲームファンド設立」

2005年09月02日17時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ゲーム業者のクラビティを日本ソフトバンク系列に4000億ウォン(約400億円)を受けて売却したキム・ジョンリュル・クラビティ会長が、近い将来、ゲームファンドを設立する計画であることが伝えられた。ファンド規模は500億~1000億ウォンになる見通し。

  クラビティのある関係者は2日、「キム会長は最近、中小ゲーム開発企業が新しいゲームを独自で開発できる環境を整えるためファンドを設立すると明らかにした」とし、「500億ウォン規模でファンドを始め、1000億ウォン規模まで育てる計画と聞いている」と語った。

  この関係者は「ゲーム業界が長いキム会長は、国内ゲーム産業のために何ができるか悩んでいた」とし、「キム会長は日本企業ともファンド参加問題について協議中」と付け加えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事