グラビティが日本ソフトバンクに電撃売却

グラビティが日本ソフトバンクに電撃売却

2005年08月31日17時41分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  国内オンラインゲーム開発会社のグラビティが、ソフトバンクの系列会社に売却された。

  グラビティ側は31日、「キム・ジョンリュル会長が保有する364万619株(52.4%)を、ソフトバンク系列会社のEZERとテクノグルーブに4000億ウォン(約400億円)で売却した」と発表した。

  キム会長は今回の売却過程で1株当たり時価の3.5倍にあたる98.25ドルを受けた。 ナスダックに上場しているグラビティ株が24.5ドル前後で取引されていることを勘案すると破格的な金額。 これを受け、キム会長は国内ベンチャー業界で‘史上最大ヒット’の主人公になった。

  キム会長は「グラビティをグローバル企業として成功させるのに個人的な限界を感じ始めた」とし、「世界的なゲーム流通網を持つソフトバンクに譲ってグローバル企業に育てるための決定」と明らかにした。

  グラビティは02年からオンラインゲーム「ラグナロク」を国内のほか、台湾や日本など37カ国でサービスしており、3400万人の会員を確保している。

  グラビティ株の引き受けに参加した日本のテクノグルーブは、孫正義ソフトバンク会長の弟、孫泰蔵氏が運営するアジアングルーブの子会社。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事