たばこ会社の「スポーツ行事後援」禁止を推進

たばこ会社の「スポーツ行事後援」禁止を推進

2005年08月30日20時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  政府がたばこ製造会社のスポーツ行事後援を禁止する案を推進している。

  保健福祉部(福祉部)関係者は30日、「たばこ会社の間接広告が青少年の喫煙に悪い影響をおよぼすため、間接広告を包括的に禁止する案を推進している」と明らかにした。

  現在、健康増進法に基づき特定たばこ商品の広告を禁止しているが、イメージ広告については規定がない。 また、青少年や女性を対象としない社会・文化・音楽・体育などの行事は後援できる。

  禁止を推進する間接広告はスポーツ行事や文化公演後援、イメージ広告など。 間接広告が禁止された場合、KT&Gはバレーボールなど各種スポーツ大会の後援、テレビや印刷媒体の企業広告などができなくなる。

  福祉部は来年上半期中に健康増進法を改正し、06年下半期または07年から施行する計画だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事