政府「北、6カ国協議復帰時は重要な提案」

政府「北、6カ国協議復帰時は重要な提案」

2005年05月16日18時36分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国政府は16日、南北(韓国・北朝鮮)次官級会談で「北朝鮮が6カ国協議に復帰する場合、北朝鮮の核開発問題の実質的な進展に向けた『重要な提案』をしたい」との立場を表明した。

  この日、開城(ケソン)で開かれた会談で、韓国側首席代表の統一部・李鳳朝(イ・ボンジョ)次官は「92年、南北が合意した韓半島非核化は必ず守られるべきであり、それが守られなければ、民族連係も南北和解協力も不可能」だと述べた。また、「重要な提案」に触れ「韓国側は実質的な提案を準備中であり、6カ国協議再開の際、関連諸国に提案する考え」だとしたが、具体的な説明は避けた。

  北朝鮮側団長を務める金万吉(キム・マンギル)祖国平和統一委員会書記局副局長は、人道レベルの肥料・食糧支援を韓国側に要請し、韓国側は例年レベル(20万トン)で肥料を支援する、との立場を伝えた。金団長は「対話再開の雰囲気作りに向けた措置として、国家保安法を撤廃し、韓米合同軍事演習を中止すべき」と求めた。

  また、北朝鮮側は、▽7月の金日成(キム・イルソン)10周忌への弔問不許可▽北朝鮮の急変事態に備えた韓国当局の非常軍事計画--などについて、謝罪表明と再発防止を求めた。これを受け、李次官は「閣僚級会談の6月開催を皮切りに、当局間会談を順番に再開し、南北関係を全面的に正常化しよう」と促した。

  韓国側は、南北共同宣言(2000年6月15日)5周年を記念し、6月14~17日、平壌(ピョンヤン)で開催される民間レベルの記念祝典に、政府代表団を派遣する計画を伝え、北朝鮮側もこれを受け入れた。韓国側は、また、南北共同宣言5周年の行事として▽昨年復元された京義線(キョンウィソン、ソウル~新義州区間)、東海(トンへ、日本名・日本海)線道路の開通式を行うこと▽同鉄道の実験運行を行うこと▽独立60周年の8月15日に、昨年7月以降中断された離散家族再会行事を再開すること--を提案した。

  双方は17日、開城で2回目の会談を行い、共同報道文を発表する予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事