明成皇后殺人犯の子孫が謝罪

明成皇后殺人犯の子孫が謝罪

2005年05月10日21時58分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  

「もっと早い時期に来るべきでした。 殺害事件について心からお詫びしたい」。明成皇后(ミョンソンファンフ)殺人犯の子孫らが、高宗(コジョン)皇帝と明成皇后(ミョンソンファンフ)が埋められた京畿道南楊州(キョンギド・ナムヤンジュ)の洪陵(ホンルン)を訪れて謝罪した。 殺害事件から110年ぶりとなる。

  10日午前に洪陵を訪れたのは、1895年に明成皇后を殺害(乙未事変)した国友重章の孫・河野龍巳氏(84)、家入嘉吉の孫の妻・家入恵子氏(77)と、「明成皇后を考える会」会員の日本人10人。 2人の子孫は墓に向かって3度、礼をした。

  2人は、明成皇后殺害事件のドキュメンタリーを制作しているチョン・スウン・プロデューサーの招請で、9日に入国した。 河野氏は「家族にしか知らせてこなかったが、日本に帰れば多くの人に、ここで見て感じたことを話すつもり」と語った。

  河野氏らは、ちょうど英親王の忌日を迎えて洪陵近隣の墓地を訪れた明成皇后のひ孫イ・チュンキル氏(67、米国居住)と偶然、出くわした。 河野氏と家入氏から謝罪の言葉を受けたイ氏は「謝罪を受ける、受けないは、自分がすることではない」とし、「政府レベルの謝罪がなければならない」と語った。 河野氏は「日本の皇室が謝罪しなければならない」と答えた。

  昨年7月に熊本県の教師30人余を中心に「明成皇后を考える会」を設立した甲斐利雄氏(76)は、「10年前の100周忌に参拝したかったが、自分と同じ考えの人はいなかった」とし、「今回を逃せば、次の機会はないと思った」と話した。

  彼らを招請したチョン・スウン・プロデューサーは「殺人犯らは、これまで伝えられてきたのとは違い、エリートだった」とし、「殺人犯47人には、日本人が韓国に設立した漢城新報社の職員20人が含まれていたという事実を確認した」と主張した。 河野氏らは11日午前に景福宮(キョンボックン)を訪問した後、12日に出国する。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事