産経の黒田支局長「韓日のもつれは韓国メディアのせい」

産経の黒田支局長「韓日のもつれは韓国メディアのせい」

2005年04月22日19時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  右翼で有名な産経新聞の黒田勝弘ソウル支局長(63)は22日「最近の韓日のもつれは、独島(トクト、日本名:竹島)などの問題に対する韓国メディアのバランスを逸した報道のせいで派生した」と主張した。

  黒田支局長は22日午後、韓国新聞放送編集人協会が済州(チェジュ)のKALホテルで行ったセミナーで「独島問題を見る韓日メディアの報道態度」というテーマで発表し、韓日のもつれの責任を韓国メディアに押し付けた。

  黒田支局長は「独島は、韓国が50年以上にわたって力によって実効支配をしている。日本がこの現状を変えるのならば、戦争しかない。しかし韓日戦争は不可能だ」とし「韓国が有利な立場にあり、韓国のものになっているのに、立場が不利な日本に対して騒ぎ立てて抗議するのは、意味不明だ」と話した。

  また「島根県議会が『竹島の日』条例を制定する時には、日本では全国的に問題が知られておらず、日本のメディアも無関心だったが、韓国で騒がしく反日の動きを見せ、韓国政府の対日強硬外交路線の発表や盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の対国民談話などにより、大きな関心の的となった」と述べた。

  さらに「韓国メディアは冷静な態度さに欠けており、客観的な情報提供も不十分だった」と批判した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事