「従量制導入してこそネット生存」、KT社長

「従量制導入してこそネット生存」、KT社長

2005年04月05日17時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  KT(旧韓国通信)の李容?(イ・ヨンギョン)社長が「インターネット従量制導入」の当為性を力説した。

  「インターネット従量制」とは、インターネットを使う時間だけ課金する制度。最近、情報通信部(情通部)も、ネット従量制の導入を検討する必要がある、との立場を表明したことがある。

  李社長は最近、自身のブログ(blog.paran.com/lyk)に載せた「韓国のインターネット、このままで良いのか」との書き込みを通じて「従量制を、全面的でなければ一部でも施行すべき」だと主張した。

  同社長は「収入は増えない状況で、ネット上の情報量は年々倍増しており、ネットに持続的に投資しなければ、そのうち、韓国のインターネットは超高速ではなく、超低速になるだろう」とし「電子メールの80%を占める迷惑メールにも課金すべき」だと強調した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事