<コラム>独島の隠れた絵

<コラム>独島の隠れた絵

2005年04月04日21時08分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  盧大統領が過去の問題と追加賠償問題を取り上げたとき、私は賠償をこれ以上議論せず、その代わり独島(ドクト、日本名・竹島)問題で確実に対応しようと注文したことがある。その結果ではないが、政府は独島に対する明らかな立場表明とともに、いろいろな対応策を打ち出し、日本の主張に対する国民の公憤も広まった。しかし今、私はまた、その独島のために心配を抱くようになった。主張した通り、独島に観光客が集まり、独島利用に関する数多くの対策が出てきているのに、また何を心配しているというのか。記者という職業であるとはいえ、「何が不安でまたけちをつけるのか」と叱責するかもしれない。

  ひと言でいうと、政府が独島問題を他の目的に利用しようとしていないか、という疑問が浮上したためだ。独島は韓国領であるため、我々のものだけを確保すれば終わりだ。日本の様子を見て慌しくなる過去の慣行を直せばそれまでだ。ところが、大統領が直接乗り出して日本の小泉首相を攻撃し、外交通商部(外交部)長官もこれに加勢した。政府が独島を必要以上に浮き彫りにさせている。なぜだろうか。日本と永遠に関係を断とうということか。その場合、我々にもっと大きな損害が生じるはずだが…。こうした点で、政府の行き過ぎた対日敵対姿勢が理解できないのだ。したがって疑問も生じる。

  独島問題に対して強硬な態度に転換しながら、同時に提起された主張が「均衡者論」である。盧大統領が空軍士官学校の卒業式で北東アジア「均衡者論」を述べて以来、政府関係者の口から「北方三角」や「南方三角」など、ちぐはぐな概念があふれ出し、「韓米日同盟は北東アジアの対決的思考を前提にしたもの」と言う話が出るかと思えば、「大陸封鎖的思考から抜け出すべきだ」(李海チャン総理)という注文が提起されている。どういう意味なのか。中国、ロシアとの対決構図へ向かってはならないという言葉なのか。それなら理解できる。国交を結んでいるこの2強大国と敢えて悪い関係になる必要はなく、特に中国は、韓国にとって米国以上の輸出相手国であり、韓国経済に最も重要な国家であるためだ。なら、この国々とも仲良く付き合うと簡単に言えばいいものを、「均衡者論」「北方三角」「南方三角」などという概念を持ち出す理由は何か。

  「均衡者論」自体には欠点が見当たらない。我々が進むべき道でもある。中日ロ3強大国に囲まれた韓半島は、歴史的にみると、これらの角逐の場だった。均衡者論は、この3国が北東アジアで争うとき、我々が中間に立ち、どの一方にも偏らずバランスをとって平和を維持しようという方策だ。こういう方策に誰が異義を唱えるだろうか。しかし問題は、政府がいま「均衡者論」を持ち出しながら、北朝鮮という存在については全く言及がないという点だ。我々が均衡者の役割をすれば、その時、北朝鮮はどうなるのか。北朝鮮は我々の味方になるのか、それとも敵なのか。決定的な利害がかかわるとき、中国とロシアは北朝鮮と韓国をどう扱うのか。こういう問題についての説明がない。韓国が北東アジアの均衡者になるのは一つの夢だ。いつかその夢がかなうと私も信じる。しかし今ではない。段階があるはずだ。今はまず北朝鮮核問題を解決し、その次は統一をしなければならない。北東アジア均衡者は、統一後に果たすべき我々の役割だ。北朝鮮問題も解決できず、分断状態にある我々が均衡者の役割をすると言えば、周辺国の嘲笑を買うのではないか。

  にもかかわらず、なぜ政府は均衡者論を主張しているのか。均衡者論の後ろに隠れた絵は何か。偶然か、それとも計画されたのかは分からないが、中国でも過去の歴史と台湾問題で反日ムードが高まっており、北朝鮮まで6カ国協議に日本の参加を拒否し始めた。韓国でも過去の歴史と独島問題で反日ムードが強まっている。それなら、米国を媒介にした伝統的な韓米日安保構図が、日本という要素のためすでに崩壊し始めたのではないか。結局は日本の過去の歴史を理由に、中国、北朝鮮、韓国が同じラインに立つのではないのか。これが隠れた絵ではないか。

  このように見た場合、政府が独島問題をなぜ必要以上に誇張し、対応しているのか、理解できるようだ。高まった反日感情から出てくる大衆運動力で、新しい枠の編成を始めようとしているのではないか。声は「独島守護」だが、結果は新しい枠の編成に終わる「声東撃西」ということだ。まさにこうした点で、私は独島問題の変質を憂慮している。この文を書いている瞬間にも、外交部が全職員を対象に日本の侵略史をもう一度勉強し始めたというニュースが聞こえている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事