「日本に安保理常任国入りの資格ない」国連大使

「日本に安保理常任国入りの資格ない」国連大使

2005年04月01日17時24分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の金三勳(キム・サムフン)駐国連代表部大使は、31日(現地時間)、国連安保理の改編について「常任理事国を増やす案は、国連が進むべき道ではない」と話した。

  金大使はこの日、ニューヨーク特派員との懇談会で「安保理は、民主性・代表性・責任性を強化する方向に改編されるべき」だと前置きにした後「常任理事国の増設は、こうした原則に外れる」と指摘した。現在、日本・ドイツ・インド・ブラジルの4国は、常任理事国の6カ国増設(2国はアフリカの割り当てられるが、国家は未定)に向けて、全力をあげている。

  金大使は「日本という特定の国家に反対するのではなく、安保理改編に関する原則を語るもの」と繰り返し強調した。また、最近、独島(ドクト、日本名・竹島)と過去問題で、韓日両国の関係が対立の局面にあるのが事実だが、そのため日本の常任理事国入りに反対しているのではない、との点を強調した。

  しかし、同大使は「周辺諸国の信頼と支持を受けられず、過去歴史も反省しない国には、安保理常任理事国入りの資格がない」と話したりもした。金大使は、2の安保理改編案のうち、常任理事国を6国増やすA案が国連総会で可決される可能性は少ないとの見方を示し、選出職理事国を増やすB案に基づいて合意を導き出すのが最善の策、だと強調した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事