韓中「日本の教科書わい曲で被害」、訴訟へ

韓中「日本の教科書わい曲で被害」、訴訟へ

2005年03月30日17時18分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国人と中国人260人が30日、歴史をわい曲して記述した教科書を採択した愛媛県知事を相手取って、松山地裁に訴訟を起こした。精神的被害があった、とし1300万円の損害賠償と謝罪を求める訴訟だ。

  原告団には、韓国の国会議員55人も含まれている。これらは「愛媛県教育委員会が、日本のアジア侵略を美化した『新しい歴史教科書をつくる会』の教科書を、01年から、県立養護学校と県立中高校の教科書に採択し、莫大な精神的苦痛を受けた」と主張した。

  また、新聞に知事名義で謝罪表明の広告を掲載するよう求めた。これに先んじ、日本の市民団体と県立学校の教師らも「愛媛県知事が教育基本法を違反し、教科書採択の過程に行政的に介入した」とし、損害賠償の訴訟を起こしたことがある。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事