【竹島の日条例案可決】ネチズン「日本と断交せよ!」

【竹島の日条例案可決】ネチズン「日本と断交せよ!」

2005年03月16日15時59分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  島根県議会が「竹島の日」条例案を可決した16日、ネチズンはこれを「宣戦布告だ!」と怒りをあらわにした。

  外交部ホームページには、憤ったネチズンの反応が相次いだ。 A氏は「これは日本の植民地侵略に次いで、再度の侵略だ。日本との国交を断絶せよ!」と書き込みした。 B氏は「お前ら部署は外交部なのか?倭交部なのか?」と韓国外交部の「静かな外交」を批判した。

  ポータルサイトのネイバーも同様だ。 C氏は「3・1独立運動の時もわが民族は屈辱と拷問に抵抗したのです!じっとしていては駄目です!全国民が立ち上がりましょう!」などと表現した。 だが「戦争がどれほど悲惨なものか知らぬ連中がおかしなことを言っている。そんな方法よりもっと勉強して日本よりも優秀な技術を開発する方が日本に勝てるのだ」という声もあった。

  また、ネイバーが1万4010人の協力を得て、政府の最も適切な対応方法についてアンケートを実施した結果「韓日国交断絶」が49.8%と最も高く、以下「駐韓日本大使の追放」が23.4%、「独島(トクト、日本名:竹島)上陸制限の緩和」が10.8%だった。「無視政策の維持」「駐日大使の召還」はそれぞれ4.0%と最少だった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事