慶尚北道、島根県との交流を全面中断

慶尚北道、島根県との交流を全面中断

2005年02月24日16時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  慶尚北道(キョンサンブクド)と日本・島根県の交流が全面的に中断された。

  慶尚北道は23日、島根県議会が「竹島(独島の日本名)の日」制定条例案を上程したことを受け、姉妹提携を結んでいた島根県に対し、駐在員の召還など全面的な交流中断を宣言した。

  慶尚北道はこの日、関連条例案の上程が伝えられると、直ちに「島根県が『竹島の日』制定に関連した一連の事態を撤回しない限り、交流を全面中断する」という抗議声明書を発表した。

  これに伴い、慶尚北道は島根県に派遣した公務員を直ちに召還し、道に派遣された島根県の公務員に対して出勤停止措置を下した。

  また両自治団体間の同好人交流活動、道立慶道(キョンド)大学生の島根県立大研修なども中止することにした。

  慶尚北道はまた、島根県議会が「竹島の日」条例案を議決した場合に対応し、姉妹提携の取り消しなど段階別対応策を用意している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事