72歳男性、マッキンリー登頂に挑戦

72歳男性、マッキンリー登頂に挑戦

2005年02月21日19時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「北米大陸最高峰マッキンリー峰の登頂記録を更新したい」。忠清北道陰城郡金旺邑(チュンチョンブクド・ウムソングン・クムワンウップ)のチェ・ボムシック氏(72)。同氏は「金旺日出山嶽会マッキンリー遠征隊」の一員として、今年5月のマッキンリー峰登頂を控えて、厳しい寒さの中でも準備を怠らずにいる。

  同氏は、毎週1回1泊2日間のコースで白頭(ベクドゥ)山脈の山を数十キロずつ縦走している。そうでない日には、毎日、自転車で20~30キロを走った後、スポーツジムで運動し、体力を管理する。運動時間は1日3~4時間。とくに、心臓と肺の機能は若者に劣らず、10キロを40分で走る。

  同氏は、年齢も年齢だが、身長157センチに51キロの小柄だ。1933年4月生まれ。マッキンリー登頂に成功すれば72歳1カ月で、米国人が持っている71歳6カ月の記録を破るようになる。同氏は、2001年ネパールのメラピーク(6650メートル)、03年カザフスタンのカンテングリ(7010メートル)にも挑戦したが、悪天候で失敗した。

  しかし、6000メートル以上の高地にのぼった経験が2回ある。娘6人全員が結婚し、夫人と暮らしているチェ氏は「娘らの後援のおかげで挑戦を決心できた」とし「今回成功すればヒマラヤにある7000メートルの山に挑戦する考え」だと話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事