ヒル駐韓米大使、突然帰国

ヒル駐韓米大使、突然帰国

2005年01月31日18時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国のヒル米大使が突然帰国した。3日に予定された最高検のフォーラムまで取り消した突然の日程変更であり、その背景が注目されている。緊急に協議すべき重大な懸案があるのではないか、との見方が出ているためだ。

  同大使は3日、最高検のフォーラムで「北朝鮮人権法の履行と韓米両国の協力策」を主題に講演する予定だった。ところが、31日突然「やむをえない事情」を挙げ、出席できない、と通報した。米大使館側は「同大使は業務協議のため帰国しており、業務を終え次第帰ってくる」と説明した。

  外交通商部当局者は、同大使の帰国について「知っていることがない」とした。だが「韓米間に緊急な懸案が発生、その問題を協議するため帰国したのではないだろう」とした。他の当局者は「帰国は本人の人事問題とかかわりがあるようだ」とした。ヒル大使は、米国務省・ケリー東アジア太平洋担当次官補の後任に内定されたものとされている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事